Loading...
TOP CONCEPT ACCESS DESIGN MODELROOM ROOMPLAN EQUIPMENT STRUCTURE
外観

恒久的な安心と快適を

約束する邸宅であるために。

地震や台風などといった自然災害が起こったときに耐えられる住まいであること。
事件や事故を未然に防ぐ安心のある住まいであること。
「リブレスト府中」が求めるのは、基準以上の安全・快適です。

STRUCTURESTRUCTURE

■ボーリング調査によって良好な地盤を確認

ボーリング調査により現地の基盤地質は、中生代白亜紀に形成された「広島型花崗岩」と呼ばれる花崗岩類よりなる安定した地盤が比較的浅い位置にあり、潜在地下水が確認されていないため、地震時の液状化の危険性のない地盤です。

■溶接閉鎖型帯筋

コンクリート柱内に配される鉄筋には、縦方向に伸びる主筋とそれを拘束する帯筋とがあります。帯筋がしっかりと主筋を拘束することで、地震などの影響によるコンクリートの損傷が防止されているのです。従来は帯筋を止めるのにフックをつけて行っていましたが、「リブレスト府中」では溶接によって閉鎖する方法を採用(一部除く)。揺れに対してもよりいっそうの粘り強さを発揮するようにしました。

■杭基礎工法

地盤調査の結果から、支持地盤となる強固な地盤の位置・深さを把握した上で、地盤・建物計画に応じた基礎設計を行っています。良好な支持地盤に、強固な杭を構築して建物を支えます。耐震性を高めるために、機械掘深礎工法にて支持層により深く施工しています。

■高強度コンクリート

通常では圧縮強度27〜36N/m㎡のところを圧縮強度最大45N/m㎡の高強度コンクリートを使用。地震の際に柱や壁にかかる押しつぶす力に強く、頑強な建物です。また、高強度コンクリートは固化するとたいへん緻密な組織となり、劣化しにくく、内部の鉄筋も錆びにくくなります。

■二重天井・床

上下階から発生する生活音の伝わりを防ぐため、全戸で約250mm厚のスチレンボイドスラブおよび二重天井を採用。(一部を除く)

■戸境壁

住戸間の戸境壁は鉄筋コンクリート造とし、厚さは約200mm以上を基本としています。これにより高い遮音性能を実現、隣戸への音の伝わりを抑えています。

■中空ボイドスラブ工法

中空ボイドスラブ工法を採用し、スラブの剛性を高め、小梁がでないすっきりとした室内空間を実現。約275mm(一部除く)のスラブ厚は床の衝撃音防止などにも優れた効果を発揮します。

SECURITYSECURITY

■セキュリティシステム

「リブレスト府中」では、住まわれる方々の日々の安心レベルを最高水準にするため、先進のセキュリティシステムを導入しています。エントランスから続く風除室では、扶養者の侵入を防ぐオートロックを採用しています。居住者はノンタッチキーにより建物内へとエントリーすることができます。

■防犯カメラ

駐車場やエレベーター内など死角になりがちな所へもしっかりと目を配れるよう、防犯カメラを随所に設置。防犯効果を高め万一の場合に対応します。

■カラーモニターインターホン

来訪者を住戸内カラーモニターインターホンの映像と音声で確認でき、録音機能も付いており、不在時の来客も確認できます。

■防犯サムターン

使いやすさと防犯性を兼ね備えたサムターンを採用。工具をドアの隙間に入れてサムターンを回す不正な解錠も困難になっています。

■鎌デッドボルト

デッドボルトに鎌を備えることで、バール等での破壊行為に対しても高い防犯性を有します。

■防犯ドアスコープ

外側から外されることのないようにドアスコープには切り欠きを入れ、回りにくくしました。玄関先から在室の確認ができないように裏ぶたを付けています。

■ディンプルキー

膨大な鍵違いをもち、あらゆる不正解錠を防ぐ防犯設計のシリンダーを採用。キーは不正複製が困難なディンプルキーです。

■ノンタッチキー

キーをかざすだけで、エントランスの集合玄関ドアが開きます。暗証番号を押すことや鍵穴にキーを差し込む手間を省きます。


※掲載の写真はイメージ、または参考写真です。


PAGE TOP